【整形失敗談】涙袋形成をする前に読んで!裏ハムラで天然の涙袋が出来る?ヒアルロン酸は硬めを選べ!

今回は涙袋形成に関するお話です。

私は後先考えず整形して、たくさん失敗してきたタイプなのですが、涙袋でも失敗してお金を無駄にしてきた経緯があります(泣)

なので涙袋形成をする前に知っておいてほしい知識をまとめます。

目の形状は人それぞれなので当てはまらない方もたくさん居ると思いますが、参考のひとつにしてください。

私がアホすぎてお見苦しい内容なのですが、どうかご勘弁をm(__)m

涙袋って?

涙袋は目の下にある膨らみです。眼輪筋と呼ばれる目の周りの筋肉の一部です。

涙堂や、ホルモンタンクとも呼ばれ、あると目元がすっごく華やかになります。ヒアルロン酸注入で手軽に作れるので、美容整形の中でも人気のある施術です。

筋肉なので、本来誰にでもあります。でも、目立つ人と目立たない人がいます。

その原因は、

  • 下瞼の皮膚が厚い
  • 下瞼のたるみや脂肪で隠れている
  • 筋肉が発達していない
などいくつかあります。私の場合、この三重苦でした(苦笑)

私の失敗は、下瞼(目の下)にたるみがあるまま涙袋形成をしてしまったこと、柔らかいヒアルロン酸を選んでしまったことです。

下瞼のたるみ取りをすると、天然の涙袋が出てくることがある

これが非整形の下瞼です。涙袋も目立たず、たるみがくまになっています。

 

これがはじめて涙袋を入れたとき。(画質が悪くてすみません…。)

仕上がりが自然になるということで柔らかいヒアルロン酸を入れていましたが、ナメクジです(汗)。

下瞼のたるみ取りなんて知らなかったのでもちろん放置です。

 

涙袋を入れてしばらくするとこんな感じ。

ヒアルロン酸が広がって涙袋がの輪郭がぼけて、たるみと合わさってますますたるみが酷く見えます。

が、、、またヒアルロン酸を足せばいいかなと思って何度も足していました。(アホ)

 

そのうちこんな感じになってしまいました。

全体が目袋のように膨らんで、涙袋もなく、気持ち悪い下瞼です…。

どうやらヒアルロン酸が広がってこうなるようです。

ここでやっと下瞼おかしいな?と思い(遅い)ヒアルロン酸溶解注射と、下瞼のたるみ取りをすることにしました。

 

たるみ取りとヒアル溶解をした直後です。腫れてますが、泣きはらしたといえば大丈夫なくらいの腫れです。

裏ハムラ法でやりました。

 

 

腫れが引くとこんな感じに。無表情と笑った時です。

無表情でも自然な涙袋が出来ています。

下瞼のたるみ(脂肪)取りをすると、涙袋がない人でも、天然の涙袋が出てくることがあるみたいです。

腹筋も脂肪に埋まっているだけで、みんな本来は割れているのと同じなのかな?

しかしこの天然涙袋、もともと眼輪筋が発達していなかったせいもあるのか、日によって大きさが変わります。

前日にウインクをたくさんすると大きくなったり、目をあんまり動かさないでいると小さくなったりします。

涙袋が筋肉なのを実感しました。

鍛えていないと小さくなるのが嫌なので、またヒアルロン酸を入れることに。

しかし、また間違いを犯してしまいます。

スポンサーリンク

柔らかいヒアルロン酸は流れやすい

下瞼のたるみを取ってから涙袋を入れたら、今までにないくらいくっきりになりました!しかし、また柔らかいヒアルロン酸を選んでしまったのです。

 

ででん!しばらくしたら涙袋が流れてしまいました。また流れて広がってしまいました。

なんとなくたるみ取ったからもう広がらないとかって思いこんでたんですよね…。

このまま足すとまた目袋のようになるので、溶かしてから、今度は硬めのヒアルロン酸を入れることにしました。

 

片目0.1ccずつなので、硬めのヒアルロン酸でも自然です。

これで広がったらもう自分はヒアルが広がりやすい体質で、涙袋形成には向いてないんだろうなと思うしかないなと思っていました。

 

でてん!硬めのを入れて2ヶ月。無表情でこんな感じ。かなり自然になりました。

メイクで強調も出来て、すっぴんでもほどよくて、笑うとぷっくりするのでちょうどいいです。

でももうちょっとあったほうがいいかなー?とかたまに思いますが、今が自然さでいえばベストだと思います。

ボリュームは減って自然になりましたが、何より流れていないのが良いです!

本来、涙袋のヒアルロン酸は吸収されにくく残りやすいそうです。私はひたすら広がっていたんですね…。

柔らかいヒアルロン酸をすすめるクリニックが多いですが、柔らかいほうが仕上がりをごまかしやすいからという理由で使用していることが多いようです。

硬めだと不自然という方もいますが、量がちょうど良ければ、馴染むと自然になります。

まとめ~涙袋形成をする前に~

  • 涙袋を作る前に、下瞼にたるみがないかチェックしよう
  • 涙袋は硬めのヒアルロン酸を、注入してくれるクリニックを選ぼう
  • たるみ(脂肪)取りだけで、涙袋が出来る可能性があることを考慮しよう
  • ヒアルが広がっている可能があるので、再注入は溶解注射をしてからにしよう
以上が私の涙袋に関する失敗による総括です。

涙袋を作る前に、クリニックに下瞼のたるみ取りも検討していることを伝えるといいと思います!

(たるみが無い人はヒアルロン酸だけで十分です。)

美容外科は、クリニックによって言うことが違うので、必ずカウンセリングは何件か周ってください!

どの種類のヒアルロン酸を使ってるかも、説明を受けるといいと思います。

硬めのヒアルロン酸だと、広がりずらい&残りやすいので、コストパフォーマンスもいいです。

私は何回も注入したのでかなりお金を無駄にしてしまいました。

整形は何度も繰り返さずに一発で綺麗になるのが大事です!


どなたかの参考になれば幸いです・・・!