【漫画】主人公は整形がバレバレ?!無料WEB漫画「私は整形美人」が面白い!胸キュン!あらすじやおススメポイント!

今回はXOYで連載中のWEB漫画、「私は整形美人」を紹介します。

XOYってジョイって読むらしいですよ、私は最近知りました!(笑)

WEB漫画って途中から有料だったり、読むのに時間制限などがあったり、CMが流れたりすることも多いですが、XOYは読むのに制限が一切なく、最新話まで一気に読めちゃうのがいいです!

私は整形美人って?

大学進学前に、ブスから整形美人になった主人公の大学生活を描いた漫画です。

この主人公、整形がバレバレなんです。

主人公が美容整形をしている漫画は色々ありますが、整形バレバレってところが珍しいですよね。

作者の方は韓国人で、韓国のNAVERの連載作品です。

韓国語版はこちら

作者の기맹기(メンギ)さんのtwitterはこちら

あらすじ

ブスな顔で9回も男子に振られたり、顔だけで嫌われたりと嫌な思いをしてきた、調香師を目指す主人公「片桐美玲」は、大学入学前に整形手術を受ける。

そしてはじまる彼女の大学生活。整形バレバレの顔をしている美玲には、冷たい視線がそそがれるが・・・

スポンサーリンク

登場人物

片桐美玲

本作品の主人公。調香師になるため理工学部へ入学する。

大学入学の前に整形手術を受ける。整形顔になったため、整形美人やサイボーグなどと陰口を言われてしまうようになる。

 

坂口慧

同じ理工学部の同級生。

美玲との関係ははじめは良くなかったものの、美玲のことを知っていくうちに、だんだんと彼女に惹かれていくようになる。

 

榎本穂波

同じ理工学部の同級生。

天然美人で、その美貌から大学中で噂になっている。

おっとりしているように見えて、中身は腹黒く、慧にはそれを見抜かれ嫌われている。

 

向井優

化学科から生物科に転科した先輩。

美玲に一目惚れし、猛アタックをかける。整形には偏見がないタイプ。

 

白石雅美

香水マガジン「インビジブル」の編集長。

美玲が香水を好きになるきっかけを作った人物。慧のことを知っているようで、彼に会わせてほしいと美玲にお願いする。

 

須藤大河

理工学部の4年生の先輩。

はじめは美玲に好意を見せるが、とあることから美玲を逆恨みし、トラブルを起こす。

 

設楽悠

理工学部の同級生。

年齢は1歳上。しっかりもので、普段からまわりをよく見ていて気を配っている。

ブスから「整形美人」に

整形して待っていたのは「整形美人」というレッテル。「サイボーグ」みたいと陰口をされているのを美玲は偶然聞いてしまいます。

「サイボーグ」

「別に間違ってないじゃない」

「整形したんだもんそれもたくさん」

「本当のことだもん」

「なのにどうして」

「どうして・・・」

「もう誰かにブスって言われるのは本当にやだったの」

「でも今度はサイボーグ」

「あたしの何がいけなかったんだろう」

「ブスで生まれてきたこと?」

「じゃああたしはどうしたら良かったの?」

「あたしはただ・・・ただ・・・」

痛い思い辛い思いをたくさんして綺麗になったのに・・・。

この漫画、美玲が傷つくシーンが多くてつらいです。

そしてこのあともっと酷い事件に巻き込まれてしまうんです。

だんだん理解されていく美玲

実は中学の同級生で、整形前の美玲の顔を知っている慧に美玲は「整形前の顔は秘密にして」と言います。

慧は美玲に整形した理由をたずねます。

「整形しなきゃいけない顔だったから」と答える美玲に慧は「お前は人を外見で判断するのか?」とそして、

「顔じゃなくてそのひねくれた性格を変えたらどうだ?」と非難します。美玲はそのまま何も言い返せませんでした。

でも少し悔しかった美玲は後日、慧に自分の心情を吐露します。

「私は・・・そうよ・・・」

「私が一番世の中を顔で判断してる」

「自分もそんな自分が嫌いだし情けない!!けど・・・」

「けど・・・」

「あなたは何も知らないじゃない!!」

「ブスだからって男子トイレに閉じ込められてバカにされる人生!」

「ブスだからって好きな香水すらつけられないような人生を送ったことないくせに・・・!

「一生誰にも愛されないんじゃないかって絶望したこともないくせに!」

「あなたはそうやって好き勝手生きてもかっこいいって思ってもらえるけど、私はそうじゃなかった!!」

「そうやって生きてきたから顔に執着するのは仕方ないじゃない・・・」

「そうよ」

「あなたが言ってたみたいに・・・裏で整形美人って言われるのもイヤよ」

「サイボーグって言われるのもつらいしイヤよ」

「でも一番イヤなのは・・・」

「整形前に戻ることよ」と。それを聞いた慧は呆然するだけでした。

あの日以来少し慧は変わり、美玲のことをちゃんと知ろうとしてくれるようになります。

ギクシャクしていた二人の仲も少しづつ良くなっていきます。

スポンサーリンク

不器用な二人に胸キュンな恋愛模様

慧は物語の最初から美玲をよく守ってくれていたのですが、美玲に惹かれるようになってからは本格的に守ってくれるようになるのが面白いです。

いつも連絡の返信が遅い慧が美玲にはすぐ返信したり、文化祭のスタッフを代わりにやってくれたりと、周囲にも慧の好意はバレバレなのに、美玲は気づきません。

というのも美玲自身が自分に自信がなく、慧のようなイケメンが自分を好きになるはずがないと思っているからなのですが。

(過去のトラウマが深くて仕方ないんですよね泣)

 

美玲や周囲に慧くんはモテるからと言われたことに対してわざわざ弁解する慧。

モテたり・・・してない・・・って(笑)この不器用加減が面白いです。

これを悠に目撃されて「あんた、美玲のこと好きでしょ!?」と笑われています。

~慧流映画の誘い方~

観るぞ(強制)不器用すぎる!(笑)

この感じが面白くて胸キュンでラブコメの波動を感じます!!!

美玲と慧が急接近していると腹黒女・穂波が美玲にある相談を持ち掛けます。


慧のことが好きだから協力してほしいと。

もちろん穂波は慧の美玲への好意や美玲に芽生えつつある気持ちに気づいてやってるんです。腹黒い!

この後一体どうなるのでしょう・・・!


続きはXOYで確かめてくださいね・・・!

主人公が調香師を目指しているので、読んでいるとつい香水が欲しくなります。

XOYは朝7時更新なので続きが気になる漫画があると、早起きになります(笑)

XOYの漫画は外見至上主義なども面白いので気になったら読んでみてください!

今度、本家韓国でドラマ化するらしいです!楽しみですね!