【歯のホームケア】歯垢・着色汚れをしっかり落としてくれる「ハクサンシコー」が優秀!お手頃価格!

毎日きちんと歯磨きをしていても、意外と歯垢が出来てしまったり、コーヒーや紅茶が好きだと着色汚れがいつの間にかついてしまったりしませんか?

私がそうなのですが、毎日丁寧に歯磨きをしても、磨き辛い部分に着色汚れがついてしまい悩んでいました。
そんな悩みを解決してくれたのがハクサンシコーという商品です。

 

ハクサンシコーって?

ハクサンシコー(キシリトール・アパタイト入)

じゃん!!こちらが歯垢や着色汚れにおススメなハクサンシコーです。

このパッケージがなんとも言えなくて最高です(笑)

昭和のころから変わってないよ!って感じですね。

お値段もお手頃で、通販で600円~1,000円くらいで買えちゃいます。

よごれた歯も白い歯に
歯を白くする歯の化粧品(ハミガキ)です。

〇白い微粒子タイプの粉末で、軟らかい成分ですから歯の表面に傷をつけることはありません。(炭酸カルシウムを使用)
〇歯の汚れを落とし、歯のもつ本来の白さにします。(茶しぶや、食べ物の着色汚れ、歯のヤニなど)
〇お口をすすいだあとは、後味が残らず、さわやかです。

出典:ハクサンシコー ミクロパウダータイプ | Chuyaku.com

【効能・効果】歯を白くする、口臭を防ぐ、歯のヤニをとる、むし歯を防ぐ、歯石の沈着を防ぐ

出典:ハクサンシコー ミクロパウダータイプ | Chuyaku.com

公式サイトの説明文です。頑固な着色汚れも落としてくれます。

普段の歯磨きでは取りきれない汚れを取るために、この商品はあるんだと思います。

白さに関しては、本来の白さになるだけなので、元の色より明るくなることはありません。

なので私のように着色汚れが付きやすい飲み物を好んだり、タバコでヤニがついてしまう方向けです。

タバコを吸ったり、コーヒーを飲むことの多い男性にもおススメですね!

【成分】
炭酸Ca(研磨剤)、グリセリン(湿潤剤)、シリカ(研磨剤)、キシリトール(甘味剤)、ラウリル硫酸Na(発泡剤)ソルビトール(湿潤剤)、ヒドロキシアパタイト(研磨剤)、エチルパラベン(保存剤)、香料(着香剤)

出典:ハクサンシコー ミクロパウダータイプ | Chuyaku.com

成分はこんな感じ。

発がん性が指摘されているフッ素が入ってないのが嬉しい。

研磨剤が入っているので毎日の使用は控えたほうがいいと思います。

歯が弱くなってしまいそうです。

ハクサンシコーの使い方

中を開けるとこんな感じで、歯ブラシと本体の粉が入ってます。

【使用方法】
・添付の歯ブラシまたは現在ご使用の歯ブラシを少し湿らせ、適量をとり、ていねいに歯を磨いてください。
・1本1本ていねいに上下にゆっくりとブラッシングし、磨いた後は、お口をよくすすいでください。
・歯の汚れの度合いによっては、1日数回、約1週間位つづけてお使いください。歯が白くなりましたら、1日1回位、汚れ防止にお使い下さい。

出典:ハクサンシコー ミクロパウダータイプ | Chuyaku.com

濡らした歯ブラシを直接粉に突っ込むのですが、衛生面が気になり最初は若干抵抗がありました(笑)

粉がしっかり歯ブラシにつくので、大丈夫ですよ!!たっぷりつけて使いましょう!

電動歯ブラシとは相性が悪いので、普段電動歯ブラシで歯磨きをしている方は付属の歯ブラシを使いましょう。

使用後は歯がつるつるになって気持ちいいです。

頑固な着色汚れも、ハクサンシコーで丁寧に磨けばしっかり落ちるので重宝します。


ハクサンシコー ミクロパウダー(歯ブラシ付)(30g)【ハクサンシコー】

ハクサンシコーは歯垢や着色汚れが気になる方に本当におススメの商品です。

悩んでいる方が居たら是非使ってみてください。

お母さんに勧めたら重曹で磨けば同じだよとか言われました。昔の人コワイ。

こちらの商品では歯が本来より白くなることがないので、次回は歯を白くする商品を紹介したいと思います・・・!